高尾山1号路と4号路(の時期)

東京に住んだことがある人なら誰でもご存知の高尾山

 高尾山登山路で一番ポピラーな1号路を登り、4号路を下ってみました。

 高尾山の1号路は良く整備されていて、ケーブルカーの終点まで40分程度でたどり着くことができます。

 コンクリートの登山道では物足りないので、途中で金比羅台ルートを登ってみました。

金比羅台から眺めた八王子市内

甲州街道のイチョウ並木が見えます。

金比羅台から、また一般ルートに戻ります。

ケーブルカー終点付近の展望所

なんでこんなところに猿園を作ったのか何時も不思議に思っています。

蛸杉

薬王院の入り口

 鳥居の左脇には、3号路の起点があります。一度下ってから再び高尾山頂上を目指すコースです。

 一般道に戻り、少し進むと階段のルートとゆるい坂のルートに別れます。今回は階段のルートを進みます。両ルートに挟まれた所の上には仏舎利の塔があります。

 参道には高尾山の御神木「杉」の苗木を寄付した人の名前が掲示されています。花粉症の人から見れば迷惑なことをする人たちだ。

薬王院から頂上までは以前に写した写真を使います。

高尾山山頂

山頂からは都心の高層ビルも見ることができます。

 写真を本日の風景に戻すと・・・・。

参りました。人、人、人だらけです。

しゃがんで休む場所が無い状態です。

おかげで下山するまで歩いているか、立ちっぱなしでした。

 富士山がぼんやりと見えました。写真は富士山が判るように加工したため夕方のような景色になっています。本日、私の家から見たときは、富士が鮮やかに見えていましたが、午後になって霞んでしまいました。

以前写した早春の富士

下りは薬王院を通らない4号路です。

 高尾山唯一のつり橋を渡ります。

ケーブルカー乗り場に着きました。

下りのケーブルカーを待つ人々。2時間待ちのアナウンスが聞こえました。

リフト乗り場もパンク状態

リフト待ちの人々を見下ろしながら、1号路を下ります。

あと一息で登山道も終わりです

高尾山の上り口に着きました。

登りの客が減り、ケーブルカー駅前の人出は落ち着いたようです。

 ケーブルカーの駅前で演歌歌手が歌で出迎えてくれました。年寄りの元気なこと、山登りの後でも、演歌歌手を応援するエネルギーが残っているようです。

 所要時間が4時間のハイキングでした。私を含めて、登山を終え帰宅の途につく人たちの顔は皆満足そうでした。