陣馬山

東京都八王子市

標高857メートル

陣馬山の象徴白馬像

左奥が大菩薩峠

秩父連山

都内の眺望

池袋サンシャインと新宿副都心の高層ビルが見えます

丹沢

行いが悪かったので、富士山は姿を隠していました。

 陣馬山に登るには通常神奈川県の藤野町から登るのと高尾山より尾根づたいに登って陣馬街道側に下るコースが一般的です。今回は八王子の田舎風景を楽しもうと、陣馬街道を歩いて山に向かうことにしました。

         

        

       

 陣馬街道の途中には、唱歌「夕焼け小焼け」の背景になった里があります。

    

夕焼け小焼けの里を後にして陣馬街道をさらに進みます。

ここで陣馬街道と分かれて左の道を進みます。

 

       

       

 陣馬山に向かう林道の入り口までは八王子駅前から京王系のバスが通っています。

        

バス停から林道に入り、陣馬山の登り口がある和田峠に向かいます

    

       

        

林道を約2時間登り歩くと和田峠に着きますが、けっこう息が上がります

       

林道の所々で開けた場所があり、都心を見下ろす眺望は最高です。

 和田峠に着きました。左の写真は東京都側、右が神奈川側です。和田峠は江戸時代から、甲州街道の裏道として利用されています。

       

和田峠から陣馬山の頂上までは登山道が整備されていて約20分ぐらいで頂上に着きます。藤野側から登って来た人に比べて手抜き登山になります。

       

        

ススキの穂が太陽の光を浴びて輝いていました。

頂上まではあと少しです。

        

頂上が見えてきました。

のんびり歩きましたが、八王子駅から歩いて約7時間の旅でした。

 頂上が杉だらけで見晴らしの悪い高尾山の頂上と比べ。陣馬山の頂上は視界が360゜開けており、天気の良い日は遠くは富士山、大菩薩峠、南アルプス、筑波山等が見え、近くは都心や横浜、江ノ島等を眼下に見下ろすことが出来ます。