秋葉原の新しい顔

秋葉原駅前のラジオ会館です。

以前は電気部品や家電の小売店が集まっていましたが・・・・・。

バブルが弾けた90年代以降、ラジオ会館のフロアーを借りていた店が次々と閉店して行き、代わりに「フィギア」と呼ばれる人形を売る店が集まってきました。

で、そのラジオ会館の中に入ってみます。

ラジオ会館の小売店の9割方がこのようなフィギアを販売する店になってしまいました。もう笑うしかありません。

同人誌だけを扱う書店も進出してきました

さすがに書店の中で写真を写すことはできませんでしたので、入り口から1枚だけ撮りました。店の奥にはかなり多勢の客がいました。少女を主人公にした漫画本をむさぼり見る男たちを見て、日本の将来が恐ろしくなりました。

フィギアのガチャガチャもあります

こんな店まで秋葉原を侵食してきました。こまったもんだ。

つくばエクスプレスは地下からの発車です

完成したばかりの IT 促進ビル 

ヨドバシカメラも秋葉原に進出してきました 

秋葉原駅の浅草橋寄りは御茶ノ水側と比べて寂しかったですが、ヨドバシカメラの進出によって一気に活気付きました。しかし他の大型量販店に与える影響は大きいでしょう。店内は幕張メッセで開催されるエレクトロニクスショーのような雰囲気です。販売員の数は多いですがレジの数が少なく、清算に時間が掛かるのが不満です。

こちらは大阪梅田のヨドバシカメラ。全国に拡大展開していますが、ダイエーの2の舞にならない事を願っています。