洗足池公園

(勝海舟と洗足池)

洗足池は中原街道に面しています。

千束八幡神社

別名「旗揚げ八幡」とも呼ばれ、戦が下手な頼朝が再旗揚げした場所と伝えられている。

日蓮上人がここの湧き水で足を洗ったため「洗足池」という名称になりました。

東京では珍しい蒲が移植されていました。

蒲の穂

洗足池に臨した海舟の別邸跡地。

 残念ながら戦後火事で焼けた為。当時を偲ぶ物は説明の看板しかありません。明治維新後も海舟は西郷隆盛とこの別邸で歓談したそうです。

勝海舟夫妻の墓

 洗足池の東側には、 勝海舟夫妻の墓と 勝海舟が西郷隆盛の死を悼んで建てた留魂詩碑があります。

実は、墓の中には遺骨は入っていません。

海舟の子孫が自家の墓に移してしまったからです。

 海舟の墓の隣には西郷隆盛の留魂祠が建てられています。勝海舟が西郷隆盛の死を悼んで立てたもので、当初葛飾区の薬妙寺境内に建立されましたが、大正時代の荒川整備の時、碑のあった場所が河川敷になるため、海舟の墓の隣に移設されました。

 

 

西郷隆盛留魂祠

西郷隆盛の漢詩が彫られている石碑

これも海舟が建てたもの

江戸城の無血開城を成し遂げた海舟と西郷の功績を賞賛する碑2つ

西郷さんが海舟をいかに尊敬していたことを表す物が墨田区の両国小学校の横にあります。西郷さんの直筆で海舟が誕生したこの地に石碑設けられています。

洗足池のへの行きかた : 東急池上線「洗足池」駅より徒歩5分