小金井公園

 とにかく広い。都内で一番広い公園です。防空緑地として空襲の非難場所だった場所が、戦後公園になりました。敷地内には「江戸東京たてもの園」があります。

JR中央線「武蔵小金井」駅より徒歩20分。

「江戸東京たてもの園」の入り口

まずは通り過ぎて広場に向かいます。

歩け歩け大会が開催されていました。

ツツジの丘

ソリのゲレンデは人気があります。

 公園内でバーベキューをすることができます。バーベキューの煙は当事者以外は臭く感じますね。

ドックラン 犬の遊び場

綺麗に整備されていたSL

柵の中に大事に保存されており、定期的に公開されています。

「江戸東京たてもの園」に入ります。

 江戸たてもの園の入り口の建造物は、戦前に皇居外苑で行われた「紀元二千六百年式典」の建物が移築されたものです。

 大正から昭和の初期に掛けて田園都市に建てられた標準的な住宅。標準的と言っても、当時のハイソサイティの住宅で、一般庶民には高値の花だったと思います。

 今とそれほど変わらないガス・コンロの台。下はオーブンになっていました。右端は氷を利用した冷蔵庫、昭和30年代までは氷売りが町を巡回していました。

 

高橋是清邸

 高橋是清は総理大臣にもなりましたが、総理大臣退任後も大蔵大臣として活躍し、世界恐慌により混乱した日本経済をいち早く不況から脱出させた功労者ですだるま宰相と呼ばれて親しまれたが、惜しくも2.26事件の時この家で暗殺されました。

高橋邸の屋内は旅館の座敷と同じようでした。

下町の木造アハート

 このような木造の住宅密集地に焼夷弾を浴びせられたのではたまりません。東京大空襲は短時間の内に猛火になりました。

江戸時代の屋敷の門 よく見かけるデザインです。

江戸初期の華やかな霊廟建築

三井財閥本家の邸宅

レストラン並みの厨房

三井邸に多くの人が出入りしたことが偲ばれます。

蔵の中

風呂屋

都内の風呂屋は殆ど同じ造りでした。

八王子千人同心組頭の家

武士対等の扱いを受けた大農家の家

鬼太郎の家

鬼太郎は実在した人物だと初めて知りました。

万世橋の交番

こうゆう交番は、現役で残して欲しかったな。

ボンネット・バス

東京でも昭和30年代前半まではよく見かけました。

都電

懐かしい公衆電話

 市内は10円で時間無制限に話すことができました。テクニックを使うとタダ電話が出来る機械でした。

昭和30年代 下町の家庭

白熱電球の下で、家族全員がちゃぶ台を囲み夕食を取りました。

昭和30年代の雑誌やおもちゃ

懐かしいですね。

子供茶碗の絵柄は時代を反映しています。

昭和30年代に普及した電化製品