葛西臨海公園

 私が小学生のころは葛西臨海公園のある場所は遠浅の海でした。干潟があり豊かな自然が残っていました。ハゼやカレイ、しゃこが釣れ、少し沖合いでは浅草のり養殖のサオをよく見かけたものでした。

 それが東京オリンピックの頃ですか、干潟を埋め立てるため海水を吐き出すポンプが張りめぐらされました。それは東京湾の浅瀬に石油のパイプラインが引かれたような風景でした。パイプからは毎日どす黒い海水が噴出される異様な風景が数年続いたものでしたが・・・。

 それから約40年、かって干潟だった場所が陸地になりマンションや工場、倉庫が立ち並び鉄道も引かれるようになりました。そして新しい海辺に作られたのが自然を破壊した償いを兼ねて作られた「葛西臨海公園」です。 

こちらは水族館

子供より親が真剣になってカニを探していました。

東京ディズニー・ランドも埋め立て地に作られました。

観覧車に乗ってしまいました。

かっての海岸線はこのマンション郡のかなた向こう側です。

都心側は逆光の為、夕方のような写りになってしまいました。