浅川

秋日和のある日、浅川を散策しました。

 ここの所、休日になると天気が悪くなり、憂鬱な気分が続きました。お彼岸に入り久しぶりの青空に恵まれ。「待ってました。」とばかりに浅川に向かいました。

 浅川は八王子市と日野市を流れる川で、京王百草園駅付近で多摩川に合流しています。川の周辺は住宅が密集していますが河川敷だけは豊かな緑が残っています。

淺川を渡る多摩モノレール

料金が高いのがネックです。

万願寺歩道橋

土手のごみを集めるお年寄り。

 ごみを集めている人に訪ねたところ、全国の老人会で打ち合わせを行い、本日、全国一斉に河川敷のごみ拾いを実施し行っているそうです。

土手に咲く曼珠沙華

ここも曼珠沙華咲いています

左は湯殿川、右が浅川

 右岸に道がないので、一度湯殿川の橋を渡らないと左岸の土手にたどり付きません。

中央線の鉄橋

中央線の鉄橋を振り返ると珍しい車両がやって来ました。

水道橋

八高線の鉄橋

甲州街道の大和田橋

またもや水道橋です

淺川橋

橋の中央にバス停がある珍しい橋です。

  浅川は全面的に人の手が加わった川です。川底の浚渫と川原の砂利を掘り起す工事や川筋を変える工事を行っています。砂利を掘り起こした川原は一時雑草が一本も生えていない状態になりました。それから約10年、ご覧のように見事 ! 植物が蘇っています。

 都内の河川事業を見ると、どこの川も着実に自然が蘇み還っているなと感じています。行政事業の数少ない成功例だと思います。