広徳寺

 あきるの市に室町時代に建立された禅寺があると聞いたので出かけてみました。場所はあきる野市小和田です。

 

 

 JR武蔵五日市駅から約40分位歩いて目当てのお寺を見つけることが出来ました。周りは山里そのもの景色です。

 探していたお寺の門が見えて来ました。

 目当てのお寺の名前は広徳寺

 広徳寺は室町時代に開山した禅寺です。

東京では珍しい茅葺二層式の山門を構えています。

 東京にこのような建築物が残っている事を発見し、私は久しぶりに心が熱くなりました。

 山門と本堂の間には巨大な一対の銀杏が天を突くように聳え立っており、東大寺南大門の仁王様のような風格を漂わせていました。これも私の心が熱くなった光景です。

茅葺の本堂

 東京にこのような風情が残っていることを発見し心が満ちたりた気分でお寺を後にしました。満足。満足。 家に戻ってWBCの決勝戦は日本がキューバーに勝ち優勝を勝ち取ったと聞いて。またまた満足。満足。