日枝神社

 国会議事堂など日本の国家中枢機能が集中する千代田区永田町に堂々と居座る神社。

 毎年行われる山王祭は江戸三大祭りの一つになっています。東京メトロ千代田線「国会議事堂前」駅より徒歩5分。

 日枝神社は、江戸城を築城した大田道灌が城内に建立した神社です。徳川の時代になって現在の地に移され江戸を鎮守する社として江戸市民に崇敬されてきました。

 権現造りの本殿は戦前国宝に指定されていましたが、米軍の空襲で消失してしまい、現在の建物は戦後復興されてものです。

本殿で結婚式が行われている最中でした。

神前の様子を興味深く覗いてる外国人。

 式を終えた新婚さんが本殿から出てきました。私も混じって写真を撮らせてもらいました。

 宝物殿では山車の人形や国宝や重要文化財に指定されている刀剣を鑑賞することができます。

 日枝神社の入り口は4箇所あってこちらは本殿裏の入り口、鳥居をくぐると右側が「西参道」左側が「稲荷参道」になります。

山王稲荷神社

稲荷神社の前を通って本殿の敷地に入ります。

 大通りからは屋外エカスレーターを使って神社に向かうこともできます。