上野東照宮

プロフイル :

徳川家康時代の大名藤堂高虎が、家康の死後自分の所有地に家康の神社り、それを知った、三代将軍家光が力を入れて社殿を整えたもの。

アクセス :

JR上野駅、京成電鉄上野駅より徒歩15分。 

全国の大名が寄贈した灯篭群

手前が唐門、後ろが本殿

東照宮の特徴の一つ透かし塀

社殿敷地内から眺めた唐門

本殿

漆や金箔がかなりはがれてしまっています。日光の東照宮も放置しておけばこのようになると思います。

ご身体が祭られている扉だけは、綺麗に金箔が施されています。

大鈴が祭られていました。

上野の東照宮にも五重の塔がありますが、明治時代寛永寺の所属になり、その後東京都に寄贈され現在は、上野動物園の敷地にあります。今回は動物園に入園しなかったので、柵の外から写真を撮りました。