吉川英治の記念館

皆さんよくご存知、小説「宮本武蔵」「太閤記」「新・平家物語」等の作者

吉川英治さんの住まいは東京の赤坂にありましたが、米軍の空襲が激しくなった昭和19年に家族とともに、青梅の吉野にて疎開生活をはじめ、終戦を迎えています。終戦後は一時筆を絶ち一村民として農作物を育てる日々を送っています。昭和28年に吉野村を去った後、旧吉川邸の景観を遺したまま吉川英治記念館として残されています。