都立現代美術博物館

ピカソの絵を観に江東区木場公園内にある都立現代美術館に行ってきました。

ピカソの展示場に入ったとたん、カメラはしまってくださいと案内嬢に注意されてしまいましたので写真は紹介できませんが、理解に苦しむ絵ばかりでした。

思っていたより大きい絵が多かったなというのが唯一の感想です。

ついでに見たセザンヌやモネ方がすばらしく感じました。

一般展示物についても何が良いのか私にはさっぱり判りませんでした。全部粗大ゴミとしか思えなませんでした。

係りの人の目を掠めて写した一枚ですが、これが芸術なのですか。

美術館の外の作品もわからないものばかり

これなんか、存在自体がじゃまとしか思えませんでした。

透明な板でできた作品ですが、私には何のためにあるのか判りませんでした。

これも理解に苦しみました。ポールがなければ結構いけてる泉なのだが。

くず鉄より劣る作品。

くず鉄になった古い機械を見ると「この機械にも色々なドラマがあったのだなぁ〜。」とある種の感動を感じる事がありますが

この作品を見てもただ見苦しいとしか私は感じませんでした。

大体美術館の建物自体センスがないと感じたのは、ピカソで期待はずれをした偏見か